ビデオ判定について

先日マツダスタジアムで行われたカープ対日本ハムの日本シリーズ第2戦のなかで、カープの田中選手が本塁突入の際のクロスプレーについて、審判の判定はアウトだったのですが、ビデオ判定を行った結果、セーフに覆りました。

このことについて、カープファンである私はもちろん大喜びなのですが、ふとビデオ判定制度について、疑問に思ったことがあります。

そもそもビデオ判定は審判の肉眼にばかり頼っていては誤審が収まらないという問題を解決するための手段として、近年の野球に登場してきました。

ビデオ判定を導入すること自体にはもちろん賛成なのですが、仮にビデオ判定で判定が覆った時に、そのとき判定をした審判は明らかな誤審をしてしまったわけで、このことに関して、何一つペナルティが存在しないことに問題を感じています。

審判も生活をかけてやっているのであれば、自分の判定に責任を持ってほしいと思います。
それなのに審判の威厳がとか言えたものじゃありませんね。